■コロナウイルス蔓延における弊社対策につきまして【重要】

クローズアップ☆高いタイヤって

クローズアップ☆高いタイヤって

ちょっと掘り下げてみますがワンランク上のタイヤのお話し。

なかなかクローズアップしてまで細部を見ることがないと思いますのでこの機会に弊社担当ダンロップS氏にサンプルを持ってきていただきました。
前回記事にもあるように昨今はSUVのお客様も多いのでこれらのサイズで見ていきましょう。
まずはトップバッターで旧モデルですがRV504。一世代前モデルとなりますが細部の造りは凝っておりますので早速見てみましょう。


真ん中の縦溝はカドを落とし、規則的にうまくちりばめられたグルーブ(溝)が印象的です。よく見ると溝の切り口が斜めに切ってあるのがわかりますね。なおこのタイヤは片減りを抑えるために外側のコンパウンドを固くしてあります。

次は弊社でもトップセラーモデルとなるLE MANS V(ルマンファイブ)です。


静粛性と転がりを重視しているので縦4本の太いグルーブが印象的。また左右非対称パターンです。RV504に比べて細かな目が連続していますが外側へ向けての排水性も良く考えられています。縦溝の壁部に小さなトゲトゲのようなもの・・・これは溝壁セレーションといいこの溝を通過する空気の流れ(=振動)までをも抑制します。

そして今回新登場となるVEURO(ビューロ)VE304です。


フラッグシップモデルゆえに溝も他のモデルと大きく異なり外国製タイヤのようなスタイル。ただしよく見ると溝自体がうねっているようにも見えます。
このうねりが発生する音と走行音が相乗して打ち消しあうことによりパターンノイズと呼ばれる走行音を見事に消してくれる、というもの。


またブロック一つ一つが拡大写真でもわかるようにハンドカットしたかのようなきめ細かな形状。これも転がり抵抗を抑え接地音の減少に大きく関わっているようです。
もちろんサイレントコアと呼ばれる特殊吸音スポンジも搭載。


実際に手で転がしてみた感じも上の2モデルと全く異なりスムーズなので、SUVに静音化といった相反する課題も見事にクリアしてくれるものとなります。

 

総評:プライスの高いタイヤほど数々のテクノロジーが凝縮されており、最新のおクルマにも最適にマッチするよう考えられています!

求める性能で選ぶことができるもので最も重要なパーツがタイヤなのです。

純正タイヤを及第点とすると次に交換するものはやはりそれ以上は望みたいところ。この時期は組付け前の製品も多く入荷していますのでタイミングが合えばご自身のサイズでの実物確認もご覧になれます。タイヤ選びのご相談はぜひ当社まで!

㈲笹本自動車整備工場