■コロナウイルス蔓延における弊社対策につきまして【重要】

悩みドコロのSUVタイヤ【新規取り扱いブランド情報追加】

悩みドコロのSUVタイヤ【新規取り扱いブランド情報追加】

昨今のSUVブームでご入庫いただくことも多くなりましたSUV車ですが、新車装着のタイヤがそろそろ限度…というお客様でお悩みになるのがタイヤ選び。

弊社の取扱タイヤメーカーでも求める性能によって大きくラインナップが二つに分かれてきてます。

大きく分ければ

「走破性能」を重視か「快適性能」を求めるか?

 

というものになるのですが、ここが実は皆さんお悩みドコロなのです。

純正装着はどちらかというとオールラウンド性能を狙ったタイヤがほとんどなので、ある程度のラフロードも可能だったりしますがこれを基準に考えてしまうと求める性能にも曖昧さが生じてしまいます。

それゆえご相談いただくことも多くなってきているのが事実ですが、弊社ではいくつかのご質問をさせていただいたうえでタイヤに求める志向性を決めさせていただいています。

フィッシングや登山、アウトドアが好きでキャンプにも行くことが多い方にはオフロード指向性を持ったもの。

逆にそういった趣向ではなくスタイリング重視でお乗りになられている方には静音性やハンドリング、ウエット性能に特化した乗用車タイヤに近いテイストのもの・・・など。

今期より弊社ラインナップにGOODYEARも加わり、価格バリエーションも豊富にご提示することができるようになりましたので是非タイヤ選びはご相談いただければ、と思います。

 

その中でもハンドリング・静音性・乗り心地のシティオフロード性能に特化したものが拡充されましたのでピックアップしてみました。

言わずと知れたDUNLOP LE MANS V(ルマンファイブ)ですがこちらにもSUVサイズが豊富にあります。静音性特化には定評があります。SUVとの相性もGOOD!

そして2月にダンロップのフラッグシップタイヤ・VEURO(ビューロ)もモデルチェンジしました。ワンランク上を望むのであればこれは外せません!

 

ヨコハマタイヤではブルーアースシリーズにXTがクロスオーバー専用設計モデルとして拡充。ウエット性能重視なら一押しで基本理念はブルーアースの名に恥じぬものです。

 

そして今季より正式に取り扱い開始となりましたグッドイヤーからはEGコンフォート。ラベル性能にも見劣りがなくすべての面でもバランスの良いリーズナブルタイヤです。

 

穴場タイヤとしてはFALKEN FK510があります。サイズさえ合えば欧州で鍛え抜かれた高性能タイヤがリーズナブルに!

 

 

 


これらの選択でいくと今までの標準タイヤとは激変に近い様変わりをするものもあり、用途に合えばワンランク上の車になった気分でもあるでしょう。シーズンを通して一番長い時間を履くタイヤですのでじっくりご検討いただけますことをおススメいたします。

もちろんこれ以外のメーカーも取り扱いができますのでご用命ください。SUV以外の車種でも適切なアドバイスができます!

SUVのタイヤ選びはぜひ当社まで!

㈲笹本自動車整備工場