■コロナウイルス蔓延における弊社対策につきまして【重要】

この時期だからこそ直したいトラブル

この時期だからこそ直したいトラブル

この時期にお問い合わせの多い修理がエアコントラブルです。高額な修理になりやすい事例でもありますので今回これらの実例をクローズアップしてみたいと思います。

昨年までなんともなかったのにエアコンが今年はまったく効かない!」といった症例がこれまでは一番多くございました。ところが昨今ではオートエアコン化が進み一年中温度設定をしたままで常時ONで使用しっぱなし、と言った条件も重なり下記のようなトラブルも増えてきています。ご自身のおクルマに心当たりがございませんか?

 

■エアコンの風量が少ない(MAXでも弱い)

これはエアコンフィルターのつまりによるものが原因です。推奨交換タイミングは1年/15000kmがベストですが花粉症・アレルギーの方には高機能集塵・脱臭タイプの御使用をオススメしております。    参考価格:軽自動車2,000円(税別)より

こんなカタチでグローブボックス内に取り付けられています。

■水漏れ?! 室内が水浸しになった

マニュアルエアコンのおクルマでも症例はありましたが、いまだに多いのがこのトラブル。ドレンと呼ばれる排水装置の弁が何かしろの原因により閉じたままになってしまい排出されるべき水分が室内に逆流し、あふれてしまう現象です。まれに下周りを覗いてエアコンの水が排出されているかを確認されることも重要です。(透明な水なら問題ありません)

■エアコン臭が気になる(カビ臭など)

オートエアコンになっての一番多いトラブル!故障ではありませんがこのご相談を最も多くうかがう事が増えました。一口に言っても原因はさまざま。喫煙車でなくともバクテリア臭を伴う不快なニオイは比較的高年式のおクルマでも発生することがあります。まず一番には定期的なエアコンフィルター交換を行うこと。2つめは車内にゴミ等を置きっぱなしにしないこと。湿気の多い洗車用品や濡れた傘なんかも原因のひとつになるんです。3つ目は異臭を芳香剤等でごまかさないこと。空間消臭剤と謳うものの中には強い香りを伴うものも。それらとの混ざり合いで最悪の結果を招く事だってございます。

それでもご使用の条件によってはエアコン臭は発生することもございます。その際には当社、最終兵器のご用意がございます。

エアコンサイクル内部除菌+蒸煙剤を用いた内装消臭リフレッシュ

簡単に言えば中古車のリフレッシュやタクシー・レンタカー等に用いる業務用手法でエアコンサイクル内部の除菌及び内装材の浄化を行います。ほとんどの症例に有効な手段ですが強力な蒸煙剤での施行となるため最終手段としてお考えください。

基本参考金額(各税別):

  • 軽自動車     ¥4,800円
  • 乗用車      ¥5,900円
  • 1BOX・SUV ¥8,500円

 

 

■なんだか効きが悪い・・・

ガソリンスタンド等でも補充は可能ですが、誤った補充量(過補充)や取り扱いミス等でのトラブルも当社には多く入庫します。きちんとした原因を追求せず「効きが悪い=ガス充填」ではその場しのぎでしかありませんのでエアコンの不具合を感じたら信用できる整備工場での修理が必要です。

またシステム自体の能力低下で効きが悪くなっている症例も見られます。この際にはガスサイクルへの添加剤使用で機能改善できる場合がございます。修理の前に一度ご相談ください。

 

※参考価格:本体・工賃込4,000円(税別)より

 

残念ながら上記以外の原因の場合・・・内部トラブルによるガス漏れや冷却機能劣化による場合は、大きな修理を要する場合が多く平均して7-8万円前後かかる場合もございます。当社ではその際にはお見積りをご提示し、ご了承を頂いた上で修理をさせていただくカタチをとっています。

いずれの場合にもエアコンのトラブルでしたらどうぞおまかせください。