ウォータースポット除去

日中は暑くて夕立が多いと相談件数の一気に増えるのが「ウォータースポット」または「イオンデポジット」と呼ばれる水膜の残がいが固まったような白い跡。特に濃色ガラスの増えた昨今はリアガラスに顕著にその発生が見られ、せっかく洗車をしてもこの跡が残るだけで幻滅してしまいますね。

原因は水分中のミネラル分(ケイ酸塩、カルシウム、マグネシウムなど)。これらは塗装・ガラスに対してはダメージを残す要因となり、放っておくと結晶化したものが爪に引っかかるほどの状態まで硬化してしまいます。

この場合ダメージが浅い場合や、発生から時間が経っていない場合は薬剤を用いてこれらを消去することが可能です。

 

-※施行の様子は後日アップ予定していますのでお楽しみにー

 

以前は研磨等で白い部分を削る方法が主流でしたが昨今では特殊な薬剤を用いて他のゴム部分や塗装部を痛めることなくスポットの除去をすることが可能となりました。

また同時に親水(水玉状に残りづらくする)効果も持ち合わせているため、施工後の再発も比較的少なく抑えることが可能です。

施工する窓の大きさによって料金は異なりますがリアガラスで1枚8,000円から、サイドガラス1枚6,000円からとなっており部分施工も可能ですからぜひ一度ご相談下さいませ。

※フロントガラスは構造上、上記施工ができません(研磨対応のみ可能)のでご了承くださいませ。

 

またボディーに残ったスポットの場合はコーティングの有無や塗装面の状況によってどうしても仕上がりに差が出ます。特に濃色車の場合は注意が必要です!

いずれもひどくならない手前でご相談下さることをオススメいたします。

㈲笹本自動車整備工場