■コロナウイルス蔓延における弊社対策につきまして【重要】

ふたつのSTI

ふたつのSTI

あえて出揃った後を選んでみました、2度に分けて2台のSTIをインプレッションしてみます。

インプレは雑誌等に取り上げらている内容をさらに掘り下げてみたいと思います。
まずはインプレッサSTI Sport(AWD)

レヴォーグより先行デビューでしたが新型に波をさらわれた感じでトーンダウンを余儀なくされましたが、ところがどっこい。秘めたるポテンシャルはSTIの名前に相応しいもの。


外観はSTIバッジくらいなのであまり差別化を感じませんが内装は質感がアップ。

高触感レザーステアリングも太さに変化があり、シートも味付けがベースモデルとは少々違ったコシのあるクッションが採用されています。



早速乗り出してみます。

まず最初に「おっ!」と思ったのはエンジンレスポンス。こちらもベースグレードと比べ明らかにピックアップが良く、期待が高まります。
走り出しでまず感じるのは路面の追従性。同セグメント欧州車スポーツの特性にさらに近づいた感があり、どっしりとした足回りの印象を受ける新開発の専用ダンパー。速度が上がっても無駄なモーションが発生せず通常なら不規則な上下動がある波状路も上から抑えつけられている感じがありフラットライドに寄与します。
これに相まって今回のテーマでもあるハンドリングはまさに言い得て妙。
クイックでありながらも操舵時の安定感がさらに高まっているのが明確に分かります。
うまく例えるなら片手運転のスタイルであっても一切の修正舵は不要でトレースラインは簡単には破綻しません。

横旋回時の不安要素になりうる縦の動きが全速度域で見事に収束されているため助手席の安心感も違うとのこと。回頭性の良さに安心感が加わっていることがこの車の最大の特徴となります。

エンジンのレスポンスとも絶妙にマッチしており、トータルで見ると今回NAでの搭載が納得できるものでありました。

あえて2WDにも乗ってみたいと思わせる一台。華美な装備はないもののまさにいぶし銀の一台といえるものです。

㈲笹本自動車整備工場